らんと、花と、風に吹かれて・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS C. walkeriana coerulea 'Marimbond' です・・・。

<<   作成日時 : 2018/03/24 06:49   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

「ワルケリアナ」の「セルレア」が、2輪です。

「カトレア」の仲間には、純粋な?「青」色のものはないので・・・?
わたしが知る限りですが。

青に近い「セルレア」が代わりで、古くから貴重でした。

ネットで検索してみると、

--->「セルレア」 = 「空色の、青色の」という意味。

が多いようですが、濃淡はありますが、「青紫」というところでしょうか?

「赤」の色素が入っているように思います。
光の当たり具合でも、赤味が強くなったりしますね。

わたしは、入手した時の「ラベル」に従っていますが・・・
よくわからないときもあります。

でも、今日の個体は、なかなかいい色のように・・・思います?!


・・・・・・  「C. walkeriana coerulea 'Marimbond' 」 
      「株もとから、約12cm。」


画像



画像



画像



画像



画像



画像



『付記』 「みんなのひろば : 植物Q&A」 から、引用させていただきました。

--->「 なぜ青い花は少ない?」についての回答です。
”蘭についてではありませんが、とても興味深いので・・・”

花の色素はたくさんありますが、赤、紫、青の色素の多くはアントシアニンで、青色はデルフィニジン系によるものが殆どです。アントシアニンはアントシアニジンに糖がついて水溶性になったものです。発色のもとはアントシアニジンで、基本構造上の水酸基の数によってペラルゴニジン、シアニジン、デルフィニジンの3系統があります。ペラルゴニジンは橙色系、シアニジンは赤色系、デルフィニジンは青色系の発色をします。ところが私たちにごく身近なバラやカーネーション、キクの仲間にはデルフィニジンを合成する酵素遺伝子が無いために青色系統の花が咲かないのです。 以下、略。

--->ありがとうございました。

 # 写真を見ていただき、ありがとうございました。  


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
C. walkeriana coerulea 'Marimbond' です・・・。 らんと、花と、風に吹かれて・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる