らんと、花と、風に吹かれて・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS Lyc. Sunray です・・・。

<<   作成日時 : 2018/01/08 09:08   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

大輪の「リカステ」交配種の花を見ることができました。

自分で育てたと、言いたいところですが・・・
蕾付きで届いた株です。いい株でした。

今夏を無事に越せるかどうか?わかりませんので、
最初で最後の花かもしれません。

3月には、植え替えようと思います。

色の入り方、グラデーションがなかなかいい感じです。
是非、次回も花を見たいものです…。


・・・・・・  「Lyc. Sunray」   「株もとから、約40cm。」

<交配親> Lyc.skinneri x Shoalhaven 個体名までは、わかりません。

--->リカステは、キューバ、メキシコ、ペルー、ブラジルなど中南米に分布するランの仲間で、およそ25〜30種の仲間が知られています。樹木の幹や枝、ときには崖や岩の上に根を張り付かせて自生します。地際が卵形に大きくふくらんで球根のようになり(この部分を「バルブ」と言います)、その先端に縦じわのあるアンバランスなほど大きな葉を3〜4枚付けます。休眠期になると葉を落とす落葉性のものが多く、葉の落ちた跡は鋭いトゲ状になります。毎年新しいバルブを出して、成長して株が大きくなっていくと、バルブがたくさん連なった姿になります。
株元から花茎を伸ばして、その先に1輪の花を付けます。花は立派ながく片が上と左右の3方向に大きく開いて全体が正三角形に見えます。花びらは中心あたりに3枚付きますが、がくより小さいです。シンプルかつ清楚で美しい花です。花の大きさは4cm〜15cm、色は黄色、白、ピンク、緑、赤褐色などがあります。掛け合わせて作られた園芸品種(交配種)もたくさんあり、非常にバラエティーに富んだ仲間があります。ちなみに、日本はリカステの育種が盛んで、世界トップクラスのノウハウ・技術を持っています。
生育環境で低地性と高地性の2タイプに分けられます。低地性は丈夫で比較的つきあいやすい種もありますが、高地性は冷涼な気候を好んで暑さを嫌がり、育てにくい種が多いです。リカステの名前はギリシア神話に登場するトロイ王の娘リュカステ(補足:トロイの最後の王プリアモスの娘で美人だった Lycaste)にちなみます。ラベルなどに書く際の略号は「Lyc.」です。

--->「ヤサシイエンゲイ」より、引用させていただきました。ありがとうございました。


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



 # 写真を見ていただき、ありがとうございました。  


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Lyc. Sunray です・・・。 らんと、花と、風に吹かれて・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる